• 恵比寿商会

不動産の有料引取サービスとは?

更新日:2021年12月14日

当社のサービスのご紹介です。




不動産の有料引取サービスってなんだろう?聞いたことない。と言われる事があります。

まだ、認知度が低いんですね。

皆さん不動産は売れる物、もしくは値段を下げれば売れない不動産は無いってよく耳にしませんか?

全ての物には需要と供給で世の中は取引や商売が行われています。では、需要の無いものはどうなるの?

現在の不動産の中には需要の無いものが少しづつですが存在してきてます。

需要が無い、すなわち売れない不動産、この不動産を有料で引取るサービスを当社は専門で行っています。



実は不要な不動産にはこんなリスクがあるんです。



1.固定資産税

2.維持管理の問題「草刈り・建物修繕」

3.相続放棄後の管理責任「山林やガケ地による損害賠償」

4.特定空家「過料50万→行政代執行※解体費の請求」

5.産業廃棄物が捨てられていた。

6.放置不動産によるご近所へ迷惑や不安

7.放置空家に「勝手に人が住み着いている」

まぁ、あげると結構なリスクがあります。

昔は結構放置がありましたが、放置不動産が増え国も問題を解決すべく登記の義務化により所有者を明確にし、様々な法律を整備しながら放置不動産が少なくなるようにしております。管理責任や特定空家は非常に厳しい制度となっております。(ブログで詳しく解説しております。)


そのような不動産は今や「負動産」と呼ばれ日本全国に多数存在します。


そんな負動産になってしまった。不動産を有料で引取るサービスです。




手続きは簡単、

問合せ→所在地の確認→書類にサイン→司法書士のチェック→登記変更


こんなに簡単に「不動産」から解放されるサービスです。

全ての手続きを郵送だけで行えますので、日本全国の不動産をスピーディに所有権等からの解放が行えます。

毎年届く、固定資産税の納付書を確認下さい。

今、毎年いくらの税金を払っているのか?

それをこれからも所有しているだけで、払い続けていくのか?

それは、相続した子供達や、孫たちにも引き継がれます。


「いらない不動産を手放す。」

手続きを終えられた方々は口々に、子供に相続させたくなく

「モヤモヤと気になっていたので、ホッとした」と言われます。



(取扱地目)

宅地・建物・山林・借地・底地・雑種地・別荘地・原野・墓地など

※田・畑(農地法)の関係で地目が変更できれば引取可能となります。



(具体例)

・場所さえもわからない土地や山林

・道路がない土地(未接道)

・共同で所有している土地建物の一部

・再建築のできない不動産

・古家屋がある不動産

・ガケのある山林

・原野商法でサギにあった原野

・未登記で先祖の名義になっている土地

・固定資産税の滞納がある不動産

・複数の複雑な権利関係の土地



上記の全ての物件を引取可能とさせて頂いております。

基本料金は35万(税別)となっております。

まずは、引取が可能かどうか無料相談にてお気軽にお問合せ下さい。

もちろん、お見積もりも無料です。


料金のお支払いは手続きが完了し、不動産の名義変更が終わってからのお支払いとなります。手付金や着手金、途中での費用の請求等はございません。全ての手続き完了後にお見積り金額のみの安心の後払いとなっております。

お見積りの金額以外の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

恵比寿商会株式会社 フリーダイアル0120-794-450

#土地放棄 #土地処分 #いらない不動産 #山林処分 #相続放棄






閲覧数:4,214回1件のコメント