• 恵比寿商会

法人所有のいらない不動産の損切について

出し今回は、会社所有の土地のお話です。建物がある場合にはまた少し変わってきますので、お問合せ下さい。

会社は毎年決算をしなくてはいけませんね。

さて、会社は利益がでたら当然納税の義務があります。

今回のケースは利益が出た年度での不動産償却のお話です。

利益が出た年度に不要な不動産を引取に出せれるお客様が多くいらっしゃいます。

なぜ?

利益が出て納税を多くする年度に、不要な不動産を引取にだすメリットとは?

不動産には簿価(購入した時の金額)があります、土地を購入した時の金額を仮に100万とします。

100万で購入した土地ですが、現在は不要な土地となっているケースがあります。

その土地を有料引取を使い権利を放棄する費用を仮に50万とします。

そうすると100万円の購入費と引取費用の合計150万が経費として計上が可能となります。

もし、今年利益がでそうな法人様はご検討されてはいかがでしょうか?

気をつけなければいけない点は、決算までには登記申請までは行っている事です。

税務署が後付けで、契約したと突っ込まれない為にも、期日にはご注意下さい。


 #不動産処分 #土地放棄 #いらない不動産 #法人所有権放棄 

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示