• 恵比寿商会

山林の売却について①

現在の山林のニーズについてはコロナ禍でキャンプやべBBQ・別荘等の利用ニーズが高まってきているとの事で、喜ばしいことですね!

但し、そのニーズがあるのは、都会に近い場合に限ります。地方はこのケースにはあてはまりません。まず、ご自身の山林を簡単な分類してみましょう!


・都市部に近い山林

・田舎の農業林業等のニーズのある山林

・山奥の林業しかイメージできない。

・なにもイメージできないくらいの山の中


※今度はニーズを纏めてみました。

①林業業者

②リゾート開発業者(今は少ないです。)

③別荘を購入希望の方(エリアが限られます。)

④太陽光発電(送電線等の施設が近い)

⑤建設資材等の置場(平坦地で利便性もある程度確保できれば)

様々考えれば可能性はゼロではないですが、確率はかなり低いと言わざるを得ないですよね。。


あなたの山林はどのニーズがあるかわかりましたか?

ニーズを見て思います。。

そうです、山林の売却は難しいって事です。

問題なく林業業者が引取ってもらえれば一番ですが、現在の日本の林業は利益が出にくい状況と後継者不足で斜陽業界と言えると思います。

リゾート開発となりますと、大手のリゾートホテル運営会社で精力的はありますが、その運営会社が手掛ける山林は温泉街の近く、もしくは観光地へのアクセスが良好な場所がメインとなってます。ホテルまでの道が狭いとバスが通れる道幅の確保も重要な理由となってます。


別荘を建築したい、ご自身で土地を購入し別荘を建築したいと思われる方は多くいます。ただし、道路設備、水道、等の基本インフラや、土砂災害の少なそうな土地で、斜面を削る必要がなく、、など購入者も利便性や建築費用を考えると相当限定的な場所になると思われます。

太陽光発電 日当たりの良い山林では、当初は電力の買取金額も高くニーズがあったのですが、現在は買取金額が下がり、太陽光の初期設備費の回収や山林ですと動物が敷地に入り込まない様な金網の設備費用等が掛かったりしており、安易に手が出せるものでは無くなってきてるみたいですね。

資材置場に関しては、山林でも平坦な部分が多く、現地までのアクセス道路はトラック同士が交差できる程度広く、なおかつ高速のインターに近いとか、山林とはいえ、ある程度の条件が必要となります。



上記の通り購入をする方は利用の目的があるから購入に至る訳ですが、山林の売却の場合にはその利用が限定的であり、かつインフラ等の問題もあり、ハードルが高い事が理解できますね。

また、山林は当然ながら傾斜地がほとんどです。別荘にしても、資材置場、リゾートホテル開発はもちろん、購入者は造成工事の費用が掛かることも当然となりできれば平坦な山林でアクセスが良いなどクリアしなければならない問題も多数な事が理解できます。



といろいろと考えると、、

私は都市部以外の山林は売却は難しい!との見解に行きつきました。

皆様どう思われましたか?


この様な負動産を相続して管理できますか?

現在当社には、売却できな山林を有料にて引取ってほしいとの依頼が増えてきております。

この機会にぜひ当社の不動産有料引取サポートをご検討下さい。

負動産を子供や孫に押し付けない。


当社の不動産引取サービスはみなさまの「不要な不動産」を有料にてお引取りさせて頂きます。日本全国「郵送」のみにて所有権移転を行わせて頂きます。


(取扱地目)

宅地・建物・山林・借地・底地・雑種地・別荘地・原野・墓地など

※田・畑(農地法)の関係で地目が変更できれば引取可能となります。


(具体例)

・場所さえもわからない土地や山林

・道路がない土地(未接道)

・共同で所有している土地建物の一部

・再建築のできない不動産

・古家屋がある不動産

・ガケのある山林

・原野商法でサギにあった原野

・未登記で先祖の名義になっている土地

・固定資産税の滞納がある不動産


上記の全ての物件を引取可能とさせて頂いております。


基本料金は35万(税別)となっております。

まずは、引取が可能かどうか無料相談にてお気軽にお問合せ下さい。

もちろん、お見積もりも無料です。


料金のお支払いは手続きが完了し、不動産の名義変更が終わってからのお支払いとなります。お見積りの金額以外の費用は発生致しませんので安心してご相談下さい。

みなさまの難しい・わからない・どうしようの不安を解消できますようにご対応させて頂きます。当社へのお問合せのほとんどが60代以上の方です。不動産の知識がなく、騙されてしまうのではないかと不安がりながらお電話頂きますが、ほとんどの方が「安心して依頼して良かった」と言って頂けます。肩の荷がおりるお手伝い丁寧にさせて頂きます。


恵比寿商会株式会社 フリーダイアル0120-794-450




#負動産 #山林 #山林処分 #山林売却 #相続 #不動産処分 #別荘売却 #恵比寿商会 #所有権移転サポート #コロナ禍 #司法書士 #行政書士

閲覧数:403回0件のコメント